2013年12月のエントリー一覧

単身赴任が決まったら・・・

2013年12月16日 21:26 /

会社・仕事の都合でどうしても今住んでいる土地を離れなければならない場合、家族と一緒に皆で引越しをするか、それとも自分だけが単身赴任という形で引っ越すのか、話し合いをすることになります。

家族が一緒に行くというのであれば問題はありませんが、それぞれにはそれぞれの生活があり、子供も友達と離れたくないでしょうし、学校を変わるというのも、それなりにストレスに感じるでしょう。

なので、多くの場合が、単身赴任となるのです。

一人だけで出向くことになるので、荷物的にも手続き的にもそう難しいことはなさそうですが、そうはいっても、やはり単身赴任の引越し前にはそれなりに大変さはあるでしょう。

先ず大事なのが、勤務先の近くであること、そして衣食住のお店が近くにあることが大事でしょう。

それから、病気になったりした時の為に病院が近いこと、特に内科が受診できることが一番ですが、他の科もしっかりと受けることが出来るように、総合病院があると、一番良いですね。

手続きとしては、水道・ガス・電気使用の手続きや、郵便局への住所変更、市役所への編入手続き等があります。

短期間での住まいとなれば、そういった手続きも必要ないですが、長期となると、手続き等も増えて、大変になりますので、忘れないように、箇条書きして、しっかりとメモしておきましょう。

又、引越しするとなると、家具等の移動もありますが、自分一人なので、そう多くないので、赤帽等の単身赴任用業者を利用すると、費用も安く済みます。

引越しの3か月程前から、計画を練っておくことをお勧めします!

赤ちゃん工場の実態とは?

2013年12月 6日 21:43 /

ナイジェリアでの話ですが、ある住宅を家宅捜査した警察が発見したのが、16人の少女たちで、少女たちは、全て妊婦だったのです。

14歳から19歳までの未成年の少女たちが、なぜ、この家に集まったのか?

赤ちゃん工場と言われるこの家では、少女たちに子供を産ませて、新生児を売買に使うといった、日本では考えられないようなことが起こっているのです。

現代では考えられないような様に、びっくりしてしまいました。

警察は、この家の所有者を逮捕し、家の中では、未登録の散弾銃も発見されたということで、どれだけ治安が悪い状況なのかが分かりますね。

強制的にこの家に少女らを監禁しているのかというとそうではなく、出産後に子供を渡せば、日本円で64000円支払うと言われたと証言していることから、新生児売買が発覚したのです。

子供が出来ない不妊治療をしている夫婦にとっては、憤りを感じるような出来事ですが、地球のどこかでは、同じようなことが起こっていると考えると、本当にやるせない気持ちになりますね。

大切な命をどう考えているのでしょうか?

お金がほしくて子供を出産するという考えの少女たちにも、それなりの体裁が必要ではないでしょうか?

まぁ、そういった教育も出来ない貧しい国の行政自体を何とかしないといけないでしょうが。